ご注意とおねがいなど

いぬイラストご注意や、お願いごとなどを書いています。
特に、初めてお越しになる前や、
疑問があるときに

お読みになってください。

初めての方(初診の方)

初めて来られた子はみんななのですが、特に体調不良や、幼い子の場合は、ゆっくりしっかりお話をお伺いしたいと考えています。
初めて来た子にも無理をさせたくないので、緊急時でない限り、慌てての対応は避けたいと思っています。時間に余裕を持ってお越し下さい

(できるだけ、診察時間終了の30分以上前にお越しください)

来院時に、初診票を書いていただいています。ダウンロードして、あらかじめご記入のうえお越しいただければ、お待ちいただく時間の短縮になりますので、ご利用ください。(わかる範囲で書いていただいたので結構です)

わんこ・にゃんこの初診票はこちらから

うさぎさん、ハムさんの初診票はこちらから

*受付システムを導入しています。受付まんなかに置いてある iPadで、案内に従って入力していただけると助かります(「初めて」の指定ができます)

わかりにくいようでしたらスタッフがご案内します。
遠慮なくお声がけください(スタッフの人数が少ないので、別仕事ですぐに出て来られないこともあります)

・・・初診時の費用は・・・

わんこ・にゃんこは、カルテ作成費用として 500円、診察料として 1000円いただいています。

うさぎさん・ハムさんは、初診料として 800円いただいています(カルテ作成費こみ)。

診察料に、身体検査の費用が含まれています。それ以外の検査や治療は別途費用がかかります。
身体検査は一般的に、問診から、視診触診聴診などを指します。

 予約は必要ありません

ご来院いただいた方から順に診察します(来院内容によって前後する場合があります)

 待合室では

ケージに入れるか、リードをつけるなどして、自由にさせないでください。
他の子や人が近づくとストレスを感じる子もいます。ご配慮ください

特ににゃんこは、パニックになってしまうと、猛ダッシュしたり予想のつかない動きをすることがあります。家の中から出ないねこさんは、家の外に出ると非常に緊張することも多くあります。「おうちだとおとなしい」は、「病院で大丈夫」の保証にはなりません。気をつけてあげてくださいね。
(キャリーは床に置かず、椅子や膝の上に乗せていただくと、多少緊張が和らぎます。おうちのバスタオルなどをお持ちいただいて、キャリーにかけて、目隠しにしてもいいでしょう)

  病気で来院している子も多いです。どんなにかわいらしくても、他の子をみだりに触るのはお控えください。

 ワクチン接種は

午前中を推奨しています(副反応が起きた場合の対策として)

 緊急の場合・ぐったりしている子をお連れの場合

その旨お申し出ください(お越しいただく前にお電話をいただければ、すぐに対応できるように準備してお待ちします)

*ぐったりしてきている、起き上がれない、意識がはっきりしない、などの場合は、緊急事態の可能性が高いので、当院も含め、連絡が取れる病院に駆け込んでください。あらかじめ電話連絡しておけば、対応がスムーズです。

 費用のこと

検査や処置・手術などなどを病院からお勧めしているのに、費用のご案内を忘れていそうな時は、費用についても遠慮なくお尋ねください。内容に不明な点があれば、それも遠慮なくお尋ねくださいね。

**内容も費用も大事なことですので、忙しそう、こんなこと訊いてもいいのかななどと遠慮することはありません。

 お電話

獣医師がひとりしかおりませんので、診療相談等のお電話に、獣医師がお応えすることはできません。来院している子を優先します。

(お電話相談の場合、だいたい、その子自身を診ないと、獣医師は一般的なことしかお話しできません)

電話の対応は、基本的に動物看護師が行っています。

 診察後、処方した薬のことや体調の変化などで疑問が生じた場合は、お電話ください。

獣医師が診察中などですぐに対応できないこともありますが、その場合はスタッフ対応か、獣医師から折り返しお電話します。(お電話は診察時間内にお願いします。お昼休みは手術などをしていて電話に出られないことが多いです)

 お越しになった際は

ささいなことでも、おうちの子に関することであればなんでもお尋ねください。病気のことでなくても大丈夫。おうちで一緒に暮らすうえで、気になることから、いろいろな問題がみつかったり、単純な解決策がみつかったりすることもあります。

(なので、病気の症状がなくても、ご相談でお越しいただいても大丈夫です)
忘れそうだったら、メモ書きをお持ちいただくのをお勧めしています。

特に「いぬと暮らすのが初めて」「ねこは飼ったことはあるけど、家の中で飼うのは初めて」などなどの場合だと、いろいろな疑問があるかと思います。

人間とは違ういきもののことなので、思わぬところが違っていたりもします。
同じ種類でも品種や性別でずいぶん違うこともあります。

わからないことがあるのが当たり前。
「こんなことを聞いたら恥ずかしい」ということはありません。お気軽にお尋ねくださいね。

 突然、臨時休診になるということもあり得ます。

トップページTwitterで告知していますので、そちらをチェックしていただければと思います(自宅のお隣が夜中に全焼というトラブルで、翌日お仕事ができる状態ではなかったため、診療をおやすみさせていただいたことがあります。。)

ねこイラスト

内容が長くなってきたので、FAQページを作らねばと思っております。。。