育毛剤成分にご注意!!

びっくりわんこ

脱毛症の治療などに使われる、
ミノキシジルという成分をご存じでしょうか。

いまや治療薬だけでなく、
市販のものにもたくさん使われていて、
育毛系のシャンプーなどにも含まれているようです。

このミノキシジルという成分が、
犬猫に非常に危険であるという論文が発表されています。

「ちょっと舐めちゃった」とか
「1、2滴かかっちゃった」でも
重度の症状が出ることがあるという内容です。
死亡例も少なからず報告されています。

猫では、中毒症状がでた子たちのうち、
1割以上の子が亡くなっているそうです。
(とても多い! のです)

しかも、

  • 飼い主さんの手について、
    洗い流したあとを舐めた。
  • こぼれた液体が、
    乾いたあとを舐めた。
  • ミノキシジルを使った飼い主さんの
    頭髪や頭皮を舐めた。
  • ミノキシジルを使った飼い主さんが
    使用した枕に触れた。

なども中毒になる可能性があり、危険であるとされています。

枕も注意!!

なのです。

このように、
成分がついているのかついていないのか
さっぱりわからないような微量でも
中毒症状が出ることがあります。

うちの子が具合が悪くなったあとで思い返して
こんな可能性を思いつけるでしょうか。。

しかも、主に「つける薬」であるため、
いぬねこも、口からの摂取だけでなく、
皮膚からも吸収することもあるようです。

中毒症状は、
ミノキシジルが体に入ってから、
最短1時間、
最長67時間(ほぼ3日後ですね)で、

  • 嘔吐
  • 流涎(よだれがでる)

のいずれか、もしくは両方、

その後

  • 低血圧
  • 嗜眠 
    (刺激にあまり反応しない、
     寝ているような状態)

がでたりするそうです。

その他いろいろな症状が観察されています。

起きる可能性がある症状も含めると

  • 低血圧
  • 肺水腫
  • 不整脈
  • 頻脈
  • 胸水
  • 心筋障害
  • 心不全
  • 低体温
  • 高窒素血症
  • 痙攣

など、症状は多岐に渡ります。

ミノキシジル自体が、
本来は血圧を下げる薬なので
「くすり」として大きく作用することがある
と考えればわかりやすいでしょうか。

また、ミノキシジル製剤に含まれている別の成分が
神経系の症状を起こす可能性があり、
実際に、こちらの症状が観察された子たちもいるそうです。

摂取したら 100%死んじゃう!
というわけではないのですが、
症状が出たときは、重症になる可能性が高く
重症になると死んでしまうこともあるものです。

特に冬は、わんこにゃんこがお布団に入ってきて
一緒に寝るようになるおうちも多いと思います。

ミノキシジルが入っているものを使っている飼い主さんは
製剤(シャンプーや育毛剤、その他諸々)が
おうちの子に触れないように厳重に管理するとともに、
一緒に寝るのは控えるように勧められています。

この情報を踏まえると、
育毛剤・育毛シャンプー系を使っている飼い主さんは、
管理をきちんとするとともに、

  • 一緒に寝ない
  • 枕に近づけない
  • なんだったらうちの子を寝室に入れない
  • 育毛剤や育毛シャンプーなどを使用したあとの
    お風呂場・洗面所に入れない
  • 使ったあとはきれいに拭いておく
  • 使ったタオルは放置せずすぐ洗濯
  • 周囲を拭いたものもきちんと始末

を徹底していただきたいと思います。

気をつけてねー!

ミノキシジルの危険性については
まだまだ獣医師の間でも十分には浸透していません。
おうちの方々には、もっと浸透していないと思います。

実は私はミノキシジル自体を知らなかったのです。
家族に聞いてみた感じだと、
たぶん割とメジャーな成分ですよね?

この論文の情報を読んで調べてみて、
ミノキシジルを含んだ製品の多さにびっくりしました。

いわゆる「育毛剤」だけでなく、
スカルプなんちゃらシャンプーとか、 
身の回りにありそうな多くの製品に含まれているのですね。
男性用だけでなく、女性用もたくさん。
Amazonでミノキシジル検索をしたら
300以上もヒットしました。

かなり身近にある成分、と思っていただいた方がよいかも。

また、この中毒、
「こうしたら治るよ!」というものではありません。

中毒を起こさないことが、とてもとても重要です!

おうちにある アレ は大丈夫??

成分を確認してみてくださいね。

お心当たりのあるおうちは、ぜひぜひ対策してくださいー!

内容は、わかりやすくするために、
とっても噛み砕いていますので、
正確な情報は論文をご確認くださいねー!